天然保湿因子と乾燥肌の関係性

お肌がカサカサになってしまう、乾燥肌をそのまま放置していると、ただ単に肌が乾燥しているだけでなく、シワやシミなどの原因にも繋がると言われています。

 

スキンケアを十分に行っていても、なかなか乾燥肌が改善しないという場合、もしかしたら「NMF」が不足しているのかも、しれません。NMFとは角質の細胞内にある、天然保湿因子の事を言います。この天然保湿因子は空気中や肌の奥深くにある、真皮層から水分を吸湿して、肌に潤いを与える働きを行うという、特徴があります。

 

NMFが豊富にある事で、肌はいつも潤った状態をキープする事が出来るのです。しかし、NMFは年齢を重ねるごとに、その生成量は減少してしまうと言われています。NMFが少なくなってしまった肌だと、どれだけ化粧水などで外側から肌を保湿したとしても、すぐに乾燥してしまいます。

 

ですので乾燥肌を改善する為には、極力NMFを減らさないような、スキンケアを行う事が大切です。まず、洗顔や化粧水などをつける際は、肌を擦り過ぎないように注意しましょう。肌を擦ってしまうと、天然保湿因子が外へと出やすくなってしまいます。

 

また、熱いお風呂に長くつかる事も、天然保湿因子が流れ出る原因となるので、注意しましょう。