乾燥肌の原因

他の人を見てみてもそんなことはないのに、自分だけお肌が乾燥していて気分が憂鬱に…という乾燥肌の方は少なくないことでしょう。
お肌が乾燥しているというのは気分的にも憂鬱になりますが、そのままにしておくと荒れたりひび割れ、かゆみなど様々な肌トラブルに繋がります。
そんな困った乾燥肌、原因は一体何なのでしょうか?

 

かゆみなどでお悩みの場合はそもそも体質であるということも考えられます。
両親や祖父母にお肌が弱い方がいらっしゃるということであれば、遺伝したと考えることができます。
この場合は原因が解消できるものではありませんので、保湿などで対策をしていくことになります。

 

体質以外の原因はいくつかありますが、生活習慣や食生活に原因が潜んでいることも多いです。
例えば夜、洗顔が終わってすすぐ時にシャワーを直接顔に当ててしまっている人は注意が必要です。高い温度のお湯ですすぐと必要な皮脂まで洗い流してしまうということは広く知られていますが、シャワーを直接当てることにも同じことが言えます。
また、オイルタイプのクレンジングを使用している場合や、夏と同じさっぱりタイプの洗顔料を使っているためにお肌への負担が大きくなっている場合もあります。

 

食生活の面では、コーヒーやお茶を良く飲む方はそれが原因になっているかもしれません。
コーヒーやお茶には脂肪を吸収させにくくする効果がありますが、これが皮脂の分泌を抑えてしまい、皮脂の分泌量が足りなくなってしまうことも。
また、少なからず腎臓にも負担がかかり代謝にも影響しますので、コーヒーやお茶を飲む頻度や量には注意が必要です。