朝のひと手間でお化粧崩れを防ぐ!乾燥肌の方のメイクのコツ

乾燥肌の方の悩みとして意外と多いのが、お化粧崩れです。お肌が乾燥していて上手くお化粧が乗らないので、夕方崩れてきてしまったり、一部分だけ浮いてしまったり…。
乾燥してお化粧が崩れないためには、お肌に合うファンデーションを選ぶことが大切です。ですがそれ以上に大切なのが、メイクをする前のスキンケア。ひと手間かけるだけでお化粧の持ちが段違いになります。

 

朝のメイクの手順としては、洗顔、保湿、メイクという順番になりますが、いくつかポイントがあるのでご紹介しましょう。
まず、洗顔の時にはぬるま湯を使うようにするとお肌への負担を減らすことができます。
お湯の温度が高すぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまうので注意しましょう。
また、前日の夜にしっかりと保湿剤などを塗った場合は酸化した油分がお肌に付着していますので、洗顔料を使用してさっと洗顔すると良いでしょう。

 

洗顔をしたらすぐに保湿を行います。
使用するのは化粧水、乳液、クリームなどそれぞれお使いのものがあると思いますが、使用する順番などはメーカーが推奨している手順に従いましょう。
この時のポイントは、化粧水はコットンを使用せず手でつけることです。手のひら全体で覆うようにすると、手のひらの体温で化粧水が良く浸透します。
一度化粧水をつけても乾燥を感じる場合は、もう一度同じようにつけるとお肌がしっとりとします。

 

また、時間がある時はメイクの前にコットンパックやシートマスクを使用するのもオススメです。
この時の注意点はパックの時間を長く取りすぎないこと。おそらく市販の物を使う時は10分~15分と書かれていると思いますが、この時間を必ず守りましょう。
シートやコットンがひたひたなうちに顔から外さないと、かえってお肌から水分が蒸発してしまうことになります。