洗顔後にオイルをプラスで冬の乾燥を乗り切る!

冬になり空気が乾燥してくると、多くの人が悩むことになる乾燥肌。
他の季節と同じスキンケアでは足りず、お肌がカサカサになったりお化粧のノリが悪くて憂鬱になる季節です。
かと言って、忙しい中手間のかかるスキンケアもしていられない実情もありますよね。

 

そんな時にオススメなのが、いつものスキンケアにオイルをプラスすること。オイルはべたつきそうなイメージがありますが、親水性のものやナチュラルオイルを使用することで普段のスキンケアの効果を高めることができるのです。

 

とはいえ、使い方を間違えればべたついてしまうのも事実です。今回は特にオススメな、洗顔後にオイルを使用する方法をご紹介しましょう。
使用するオイルについては先ほども述べたように、親水性のものやホホバオイル、オリーブオイルなどの美容効果あるナチュラルオイルがオススメです。

 

洗顔を終えて水分を拭き取ったお肌に、手のひらで少し温めたオイルを直接塗ります。この時、余裕があればマッサージをするように塗ると、むくみやくすみを予防することもできます。

 

その後いつものスキンケアをすると、化粧水などがよく馴染み、スキンケアの効果がアップします。さらに、オイルはお肌のバリアとしても働いてくれますので日常で受けるお肌へのダメージも軽減してくれます。

 

オイルのべたつきがどうしても心配な場合は、オイルを塗った後ティッシュで軽くおさえるようにしましょう。
こうすることで、たとえ塗りすぎていても余分なオイルをお肌から取り除くことができます。